更新案内

昼間から現実逃避(挨拶)

DSC_0110
固定ページ一つ更新しました。
メインスピーカーで活躍している、Harbeth HL-compact7です。
購入の動機や購入後の調整の一端を簡単にですがまとめました。
長らく書いてたんですがやっぱりちゃんと公開しないとモチベーションがあがらないですね。
写真の選定とか微妙に悩ましいんですよ……いろいろと。

というわけで、今日はこの辺で。

Makefileで”PATH”を使ってしまうと

与太話(挨拶)

研究に関係あるようでない間抜けなお話。
物理シミュレーションのプログラムを書いている(こう書くとかっこいいな)とコンパイルの手間やパラメータの設定を楽にするためにMakefileにそういうのを全部書くようになります。
Makefileの例


fc=gfortran
$PARAM_FILE=params.f90
PATH=/home/sin_idea/data1/nankasugoi/
N1=1000

all:a.out $(PARAM_FILE)

$(PARAM_FILE)
echo " module params"> $(PARAMS_FILE)
echo " implicit none" >> $(PARAMS_FILE)
echo " integer,parameter::n1=$(N1)" >> $(PARAMS_FILE)
echo " character*(*),parameter:: path = '$(PATH)'" >> (PARAMS_FILE)

まぁこのMakefileは動かないですけどこんな感じで書いちゃうじゃないですか。そうすると


gfortran:command not found

ってでてくるんですよ!
で、なんでだー!ってなってたんですけど冷静に考えたらmakefileもシェル上で動いてる?から環境変数はちゃんと使うんですよね。
つまり環境変数PATHを書きだしのディレクトリ名で上書きしちゃっているわけです。そりゃ動くわけないですね。
というわけで正解は


fc=gfortran
PARAM_FILE=params.f90
PATHOUT=/home/sin_idea/data1/nankasugoi/
N1=1000

all:a.out $(PARAM_FILE)

$(PARAM_FILE)
echo ” module params”> $(PARAMS_FILE)
echo ” implicit none” >> $(PARAMS_FILE)
echo ” integer,parameter::n1=$(N1)” >> $(PARAMS_FILE)
echo ” character*(*),parameter:: path = ‘$(PATHOUT)'” >> (PARAMS_FILE)

でした。

寝不足で支離滅裂です。

というわけで、今日はこの辺で。

劇場版魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語 感想【ネタバレあり】

また1ヶ月空いたよ!!!(挨拶)

地味に忙しかったんです!
研究室旅行行ってきたり!
友達の結婚式に出席してきたり!!!
いや、ホント同い年の結婚は衝撃的した。めでたいんですけど。

というわけで叛逆の物語の感想くらい書いておこうと思いまして。感想つっても大したこと書けませんが。
なんでか知りませんが3回も見に行きましたよ。同じ映画3回見に行ったのは初めてですね。

————–以下ネタバレ——————–

率直な感想としては「ハッピーエンドへの準備は整った! 後は続編ですっきり終わらせるだけや!!」ですね。
パンフによると虚淵はまどかが迎えに来てハッピーエンドにする予定だったらしいですが戦犯新房が続編やれる形にしようぜっていってああなったらしいので続編はあると信じてます。はよ制作してくれ!!!
でも周囲の人間の虚淵の評価聞くと不安しか残らないですね……。
続編抜きで考えるなら「愛は勝つ」で。
もうほむらが大好きになっちゃいました。あそこで「愛よ」なんて言えるほむらが大好きです。
最初に見たときはニヤニヤ止まりませんでしたねホント。
なんというか、すごく人間じみてて好きです。ヤンデレじゃんと言われますがほむらに凄く共感できます。
私がヤンデレ気質というわけではないと思いたいです。でも愛は勝つのです。

あと最初に見てた時の感想ですが、前半は茶番だって言われますけど敢えて声を大にして言いたいのは

「あれが俺たちが最初に考えていた魔法少女まどか☆マギカじゃなかったのか!?」

ということです。まどマギ放映前はきっとこういうお話だって思ってたんじゃないんでしょうか。そしてそういうのをほむらが求めていたって考えるとまたグッとくるものがありますよね。

大した感想がない!
ので好きなシーンを挙げていきます。

  • まどかがバスケットもって出てくるシーン
  • OPのダンスかわいい
  • 変身シーン(初回見たときは不吉な予感しか感じられなかったけど2回めからは単純に演出がすごくかっこいいって思いました)
  • 杏子が編みこみ結界!ってやった後にウィダーインゼリー飲んでるところ(杏子かわいいよォ)
  • さやか「私はアンタのしってる通りの私だよ、転校生?」(ネタ名言って言われてるけど普通に好き)
  • マミさんがお茶を汲みにいくシーンでちゃんとリボンが出てるところ(2度めで気づいた。芸が細かい!!)
  • けーき、けーき、まあるいけーき(みんなかわいい)
  • マミV.S.ほむらのガン=カタがかっこよすぎて何度見てもシビれる。時とめ演出でマトリックスっぽさも出てるし。
  • ベッドでシーツかぶってるほむらがかわいすぎる。
  • ゴスロリほむらがかわいすぎる。
  • 杏子とさやかが恋人つなぎしてるシーンは何度見ても泣ける。
  • なぎさはチーズ与えて飼いたい。
  • EDのダンスもかわいい

こんなもんでしょうか。見た直後に書けばよかった……。

ちなみにフィルムは大当たりでした。

アルティメットまどか
アルティメットまどか!!

ラボの後輩と一緒に見に行って見事に引き当ててしまったので後輩からの風当たりがキツイです。

 

いやー、ほんと面白い映画でした。情報量多すぎますよ。

感想ばっかりじゃ面白く無いので考察もリンクしておきます……

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 ネタバレ

さて、また忙しくなりそうです。まぁ忙しいなんて言葉は常にいいわけなんですが………。

というわけで今日はこの辺で。