「バイク装備」カテゴリーアーカイブ

バイク用プロテクター CE規格? EN規格? level1,2?

ご無沙汰しております(挨拶)

東京でのんびり過ごしております。
のんびりしている場合でもありませんが。

バイク用のツナギ(レーシングスーツ)を買うことにしました。

レースするわけでもないのですが、せっかくスーパースポーツに乗っているので冒険してみたいなと思いまして(死亡フラグ)。
レーシングスーツは一応オーダーすることに決めました。正式発注したばかりで何も決まってないので、この辺はおいておきます。さて、最近のレーシングスーツには胸部プロテクターと脊椎プロテクターを中に入れるのが基本のようです。
もちろん供給メーカーもたくさんあります。

HYOD
クシタニ
DAINESE
RS-Taichi
KOMINE
FORCE FIELD
無限電光(Hit-Air)

というわけで例によって例のごとく、チキンマンの私は「何がいいだろう」と調べ始めるわけです。
そうするとまず行き当たるのが「CE規格」と「CE規格Level2」の文字。
FORCEFIELDのサイトにわかりやすい説明がありました(PDF)。

簡単に言うと
CE規格の中にEN-1621という基準があって

  • EN-1621-1:胸・脊椎以外のプロテクター用の基準
  • EN-1621-2:脊椎プロテクター用の基準
  • EN-1621-3:胸部プロテクター用の基準

がそれぞれあるそうです。
その中でlevel1level2が存在します。

基準の決め方ですが、プロテクターに50Jのエネルギーを与えた時に、何kNの力がプロテクターの下まで届くかを計測したもののようです。
イメージですがハンマーでぶん殴ってどれだけの力が貫通するか、ですかね。
50Jっていうのがどのくらいかというと90gが時速120kmでぶつかったときくらい、のようです。
その時の基準がこのテーブルになります。具体的な数字の根拠はさっきのPDFとこの英語のサイトです。
CE規格の原文でもあればいいんですが見当たりませんでした。

CE規格名LEVEL 1の許容透過力LEVEL 2の許容透過力
EN-1621-1
(胸部・脊椎以外のプロテクター)
35kN以下20kN以下
EN-1621-2
(脊椎プロテクター)
平均18kN以下、最大24kN以下平均9kN以下、最大12kN以下
EN-1621-3
(胸部プロテクター)
平均30kN以下、最大45kN以下平均20kN以下、最大35kN以下

さっきのPDFには胸部プロテクター(チェストプロテクターっていってますね……)は今度できるって書いてありましたがもう胸部プロテクターの基準も出来上がっているようでしたので書いてあります。

以下愚痴
ていうかね、こういうのってメーカーが率先して情報出すべきだと思うんですよ。
なんで素人が(必死で)調べないと情報でてこないのかって思います。
前にプロテクター付きジャケットを調べていたときもそうですけど、ホンダのプロテクターシステムが使えるのか使えないのか全然はっきりしなかったり。
以上愚痴

CE規格とかわかりやすいのが出てきてくれたおかげで、ようやく各メーカーの性能が比べやすくなったかなぁと思います。
CE規格通ってれば良いというものでも当然ありません、本当に必要な範囲が防護されているのか、とか。
防御性能いくら高くても身動き取れなかったら意味がありませんし。
話が発散してますが、要するにこういう規格が存在するので、プロテクター選びの目安にはなるのかなと思います。
CE規格対応!とかCE Level2対応!としかネットのカタログには書いてなくて、正直良くわからなかったので色々調べてしまいました。

CE EN 14021について

記事書いてる途中で気付きましたがこんな規格もあるようです。
これはオフロードバイクで飛び石を食らった時の胸部プロテクターの安全基準のようです。
衝撃吸収材が入っていない、硬いプロテクタが前提みたいです。
オンロード用だと衝撃吸収が前提になるので少し異なる基準ですね。
この基準を表立って満たしてるのはコミネ製品の一部のようです。オフロード用品のメーカーだとたくさんあるかも?
確かにオフロードバイクのプロテクターはもっと「硬い」イメージが有りますね。

さて、ここからアフィリエイトタイムです。

CE Level2を通ってる製品をピックアップしてみます(おそらくツナギ用)DAINESEとFORCEFIELDのはLevel2通ってるのが多いです。

脊椎プロテクター




胸部プロテクター


HYOD
HRZ906 HYOD DYNAMIC D3O® CHEST PROTECTOR

うーん、ほぼありませんね。

規格について勘違い

というか、CE規格、調べれば調べるほど謎というか情報が錯綜しています。
HitAir見ると、prEN-1621-3:2011 という胸部プロテクターがありますが、level分けはされていないようです。
でもフォースフィールドのPDFによると1621-3は「新しくできる」って書いてあるんですよね(2015年の資料)。
そもそもprENのprってなんなんだって話ですが。
出てきた
prENっていうのは予備的欧州規格らしいです。そもそもCEとEN規格の関係ってなんだ!?

ググりました。
CEマーキングの概要:EU
今まで散々「CE規格」って言ってましたが、これがそもそもの間違いみたいです。CEは規格じゃなくてEUに輸出するときにその製品がEUのルールを守ってますよという「マーク」らしいです。
つまり、CEがついてないものはEUには輸出できないものであるということのようです。確かにいちいち欧州なんちゃら規格対応!って書いてあるよりもよほどシンプルですね。
CEマーキングさえされていればEUでは自由に流通できる、その詳細はEN規格などで定める、ということのようです。
これでようやく話が見えてきました(この支離滅裂さ、読者はわからないだろう……)。

これで情報がまとまったので整理します。

  • prEN-1621-3とかついてる製品:レベル表記なし、予備規格に従っているので、現行規格に適合するかは不明(ここまで調べる気力ないです
  • EN-1621-3 level1とかついてる製品:レベル表記あり。2016年現在での最新の規格を満たしています。

何度も言いますけど、規格が通ってりゃ良いってもんじゃありません。
しかし、規格がついてないものは最低限の保証すらありません。
「実際の衝突を考えた独自規格」でもいいですが、第三者が保証するものでもありません。
ここまで調べて出てこなかったので、国内にはプロテクターの規格はないようです。

日記というより、調べ直すがめんどいので備忘録の形で残しました。こうやってまとめると次々疑問が湧いてきて捗りますね。
今のところ胸プロテクタはHYODの最新型、脊椎はTaichiのフレックスバックプロテクターにしようと考えています。
EN規格は衝撃吸収だけ念頭をおいているので、折り曲げる力に強いかはわかりません。実際どうなんでしょう。

ダラダラ素人が半日調べただけの内容です。有識者のコメント大歓迎です。

というわけで、今日はこの辺で。

DAYTONA675Rに使ってるモノ

バイク関係ばっかり!(挨拶)

なんかもう日記書くって感じじゃなくなりましたよね……。
今日は昼間からビアガーデン行ってビールクズしてきました。
1杯飲んだだけですが。飲めないし……。ひたすら肉食べてましたがあんまり量食べられませんね。

それにしてもビアガーデンは衛生観念のなさがヤバイ。アレで夏場よく食中毒回避されてるなって感じです。

さて、デイトナに使ってるものです。
使ってる防犯グッズも書きたいんですがそれこそ防犯上問題があるので書かないとして……。

・バイクカバー
バイクカバーですが、
デイトナのブラックカバープレミアム2使ってます。適合表にありませんがLサイズを買ったところ、リアボックス用の拡張をオープンした状態でちょうどいいサイズでした。
つまり、ブラックカバーシンプルなどのリアボックス用拡張がない奴だとリアタイヤが半分くらいのぞいてみえます。要注意ですね。
#アフィしようと思ったらAmazonでとりあつかってなかった……。

・スマホマウント
スマホのマウントはものぐさライダーにとっては大事です。iPhone使えばカーナビになります。
ボルドール乗ってた頃は(確か)テックマウント使ってました。ハンドルバーにボルトで固定して、そこに汎用アダプターをつける形です。
さて、デイトナですが当然ですがハンドルバー用のマウントなんて取り付けスペースなんてありません。
どうしたものかと考えていたらありましたよ便利なのが。


これでステムホールに取り付けることができました。
ネジ締めの構造的に外に押し広げる形になるので力こめすぎないように気をつけました。抜けないのも大事ですがあまり強くやるとバイク側が変形しちゃいますからね。
このマウントキットはDAYTONA675の2013モデルしか使えません
2012以前のモデルは別のモデルになるのでご注意ください。

2012以前対応モデル

購入するときはよく確認しましょう。

ここで写真があればよかったんですがありません……後日アップします……。
アップしました。こんなかんじです。

デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダー 取り付け図
デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダー 取り付け図

バーの方向がハンドルの向きに追従するので、ハンドルを切った時に取り付けたものが干渉しないことを確認してから取り付けしましょう。

テックスペック グリップスター タンクパッド
Gパンで普段乗りするとあまりに滑るのでたまらず買いました。こんなんでも1万円くらいするのが外国クオリティ!
こっちは写真付きです。貼り直しができますけど24時間までです。えいやで貼り付けました。

テックスペック グリップスター スネークスキン
テックスペック グリップスター スネークスキン

この後ツーリングいったら真ん中のやつが少し剥がれましたが普通に使えてます。
使ってて思いましたがGパンだと結局自分のふとももとGパンでズレてしまうので相性悪いですね……革パン欲しいです。

というわけで、今日はこの辺で。

デイトナ675RにフレームプロテクターとETCを取り付けました

取説乾燥中(挨拶)

もう概ね大丈夫そうです。

というわけでETCとフレームプロテクター取り付けました。
7月時点でディーラーに相談した時は「パーツほとんど在庫あるから」とのことでしたが8月に発注したら2週間待たされました。デイトナ675のキャンペーンで、無料でフレームプロテクターがつくというキャンペーンやってたのでそのせいだと思います。

ETC車載器ですが、とりあえずディーラーの取り扱ってるETCの中で一番安かったミツバのMSC-BE51を選びました。

……今知りましたがキャッシュバックあるんですね。登録しに行こう……。

店で取り付けた貰ったたんですがこんなかんじになりました。

ETCアンテナ
ETCアンテナ
ETC本体
ETC本体
ETC本体
ETC本体

 

メーターの形の都合上アンテナの位置が微妙に傾いてるのが気になります。本体はリアシート下に入れてあります。本体がプチプチでおおってますがこれはシート内部で固定されてなくて動いた時に本体が傷つかないように、とのこと。適当なケースに入れるとかっこいいかなって思いました。

専用ケースがあったことに驚きですが少々お高いです……。革だもんなぁ。

ETC本体が19000円、取り付け工賃15000円でした。いま助成キャンペーンがあってETCに15000円分のマイレージがつくのでそれ+キャッシュバックで実質17000円ですね。自力でつけはずしできるなら今後も使っていきたいですが難しそう……。

さて、フレームプロテクターですがこれはトライアンフの純正アクセサリーです。
画像でいくらググってもろくな取り付け写真が上がってなくて、取り付けられたらどうなるんだろう……って思ってましたがこんなかんじになりました。

フレームプロテクターを上から見た図
フレームプロテクターを上から見た図

全体像がなくて果てしなくわかりにくくなってます。
黒く張り出した部分です。
触り心地や硬さはフレーム本体とほぼ同じでかなり丈夫そうです。その分車体が重くなったとも言えます。

フレームプロテクターを取り付ける際の注意点ですが、
これをつけるとbabyfaceのフレームスライダーは取り付けができません。
下の写真がめちゃくちゃ分かりにくいですが参考にしてください。

フレームプロテクターの取り付け位置
フレームプロテクターの取り付け位置

675R買うようなレベルの人はよくわかってると思いますけど……知らずに買うとこうなるんですね。

最後に気になるお値段ですが、
フレームプロテクター本体が25000円、取り付け工賃が10000円で合計35000円でした。
たっかーい!!!
外車はなんだかんだでお金がかかりますね……。
あと取り付けたいものは

・マフラー
バックステップ
エンジンスライダー

くらいでしょうか……。

というわけで、今日はこの辺で。

冬ジャケ買いました

1日潰した……

(挨拶)

この記事の続きです→胸部プロテクターつき冬ジャケを検討してみた

最近気づいたんですが休日の半分は買い物で悩んでると潰れるようです。
とにかくジャケット選びましたよ!!
お店はレッドサンです。困ったらここで買えばいいって思ってます。

といいつつAmazonのリンクを貼っていくわけですが。小遣い稼ぎです(アクセス数少ないので稼げません)。

最後まで残った3候補

  1. RSタイチ RSJ298
  2. RSタイチ RSJ277
  3. コミネ JK-548

(3)は値段の安さが魅力的でしたが、ホンダプロテクターが非対応のためそうそうに却下。もちろん取り付け用テープを縫い付ければよかったみたいですが取説を読んだ感じ縫い付け位置の設定が面倒くさそうだったのでやめました。
(1)と(2)はかなり悩みました。
(1)の魅力

  • 新製品であること
  • レインウェア不要なレベルの防水性能(=たぶん防風性も高いので温かい)
  • (2)より価格が5000円ほど安い

(1)のデメリット

  • 防御性能が(2)と比べると不安
  • 防寒性能が不安(オールシーズンジャケットのため)

(2)の魅力

  • プロテクション性能が高い(鎖骨、ジャケットの外側各部にプロテクタがある)
  • 内部プロテクターも(1)より優秀

(2)のデメリット

  • 価格が高い
  • 防水性能が少し不安(今まで着てた冬ジャケットが浸水一切してないのでそれくらいあると嬉しい)
  • 防寒性能がさらに不安(スポーツライディング重視=真冬に使うことが想定されてないかも)

要するに「価格か、防御性能か」という話ですね。ひたすら悩みました。
5000円くらいの価格差で上位互換なら上を買うんですが上位互換というわけでもないので。
そして検索してて出会ってしまった動画(閲覧注意)

というわけで、(2)選びました。
正直このくらいで助かるイメージも湧かないような事故動画ばっかりですが。ドラレコほしいなぁって思います。
しかし3万円は正直痛い出費です。調べるまで(3)買うつもりだったので予定より1万も多い出費です。
しかも最近学外でランチ食ってばっかりなのでエンゲル係数うなぎのぼりですよ……。
もうこんな時間ですが少しはプログラム書くとします。
明日は研究室ドライブです。雨の山道とかフラグ立ってるとしか思えないです。どうなることやら。

というわけで、今日はこの辺で。

胸部プロテクターつき冬ジャケを検討してみた

2日連続(挨拶)

結局ラボで日記書いてますね……。

さて、バイクの冬用ジャケットを買い換えようと検討中です。

ラフアンドロードのジャケットを5年(!)ぐらい使ってます。

一回買うとなかなか買い替えに踏み切れないので慎重に買いたいところです。安いものでも1万円は軽く超えますし。

ポイントは次の2つです。

  • 防寒性
  • チェストプロテクター(胸部プロテクター)つき

防寒性

まぁ当たり前ですね。冬ジャケットですし。5度くらいまでは平気で走れるのが理想です。

そうなるとインナー取り外し式じゃないのがいいんですよね。やっぱり隙間から冷気が入ってくる気がします。

でもこういうのばっかりなんですよね……

チェストプロテクター(胸部プロテクター)つき

ここは非常に重視してます。といいつつ5年間着てた冬ジャケットにはついてませんでしたが。

高速で100km/h以上出すような乗り物ですし、下道でも法定速度でさえ対向車との相対速度は120km/hに達します。

ちなみに胸部打撲で亡くなる人はバイク事故の死因の4分の1程度を占めるそうです。

ほーら欲しくなってきた()

胸部プロテクターといってもベストのように装備するものなど色々ありますが、今回はジャケットに取り付けるタイプで考えます。
更にセパレート式ではなく胸骨を防御可能な1枚式という条件を付加します。
胸骨というのは体の中心にある骨です。ここを破壊されるような衝撃が加わると大体心臓や心臓から全身に血を送る大動脈が終わると思います。
(自分で書いてて全身がゾワゾワしてきた)
高校生の時に体育館の壁に激突して胸骨を打ち付けたことがありますが、息ができなくなってマジで死ぬかと思いました

セパレート式プロテクターつきジャケットの例

1枚式はホンダボディプロテクター的なものですね。

ちなみに全部アフィリンクです。悪しからずご了承ください。
さて、ホンダボディプロテクター系の1枚式プロテクターはホンダ以外の対応ジャケットにも取り付けることが可能です。
参照:RS TAICHIジャケットをアップグレード その2。チェストプロテクター。
統一した規格名をつけて欲しいですね。各メーカー全部名前が違うので見た目やインプレッションで判断するしかありません。
さて、調べた限りでホンダプロテクタ装着可能なジャケットを載せてみます。
もちろん他のプロテクタもつくはずです。

コミネ(KOMINE)

自分の中では第一候補だったコミネです。安い、安全、コミネマンかっこいい!(?)
夏ジャケットはコミネなんですよね。ホンダプロテクタ対応です。くっそ暑かったですが。
ところが、コミネは2013冬モデルから対応ジャケットがほぼなくなりました。セパレート式のプロテクタがほとんどですね。
割と失望してます。自分で装着するの買うかボディプロテクタ用テープを縫い付けろってことなんでしょうけど……。


一枚式プロテクター対応ジャケット。ほぼ品切れです。
コミネはサイズのつくりが悪いので普段きてるジャケットのワンサイズ上を買う必要があります。

RSタイチ

ここはホンダボディプロテクター互換プロテクターをCPS(チェストプロテクターシステム)対応と名前をつけています。
わかりやすいですね。

防御性能的には一番かなと思っていますが防寒性能が足りてない感じがします。
防寒重視のジャケットにはつかない感じですね。

YAMAHA

※装着可能か未確認
これもホンダ対応のがつくはずです。
ジャケット

プロテクター

ホンダとカワサキのバイクに載ってるのにヤマハのジャケットはちょっと……っというところで悩んでます。

ゴールドウィン

ゴールドウィンはホンダプロテクター対応と明記されています。
しかし最上位モデルのみ。最低5万円。ちょっと高すぎるので却下ですね。

まとめ

はっきりいってどれもこれも微妙すぎです。
わがままなんでしょうか……。
現状はタイチのに傾いてますが防寒性能が不安すぎます。
オールシーズンっていう文言はやめて欲しいです。
ちなみにまじめに調べる前は胸プロテクター2枚式のやつにして妥協するつもりでした。

最悪あとで縫い付ければいいかなぁと……。。。

考えているうちが一番楽しいんですが、ここ2週間くらいでガチで寒くなってきたので決めてしまいたいところです。
アフィリリンク貼りまくりな記事でした。もう少し自重するかうまくやっていきたいと思います。

というわけで、今日はこの辺で。

(追記)決めました。→冬ジャケ買いました